pagemv_voice-of-graduates

卒業生の声

ファッションを勉強したいという自らの強い気持ちに気が付いたのは、オーストラリアで10年生だったときでした。

その時通っていた高校では家庭科の授業があり、そこで初めて、縫ったりデザインしたりすることを学びました。しかしながら、ファッションについて本 格的に勉強するためには、世界のファッションに触れる必要があると考え、世界的にも有数のファッションの中心地である東京で学ぶことにしました。それに加 えて、多種多様なファッションスタイルが存在し、それらの刺激を受けられる環境である東京は、ファッションを学ぶ上で最適な場所だと考えました。

江東服飾高等専修学校を選んだ一つの理由はこの学校の幅広いカリキュラムにあります。この学校では、ファッション画、メディア、装飾美術、ファッ ションコーディネーション、ファッションビジネス、手芸、パターンメイキング、ファッション美学、マナー、 カラーコーディネーション、英語、国語、そし て何より服飾理論を学びました。

私は江東服飾高等専修学校の高等課程を卒業して、現在は国内にある別のファッション専門学校の留学コースを専攻していますが、江東服飾高等専修学校で学んだファッションの基礎は、現在の勉強をする上でとても役立っています。

江東服飾高等専修学校での経験のお陰で、私は自信を持って、パリでオートクチュール及びファッションビジネスを勉強する、という次なる目標に向かうことができると思います。

保護者の声

亀山 美千代

娘がファッションに興味を持ち、ファッションの勉強をしたいと聞いた時、ファッションの勉強をするのであれば東京でするべきだと思いました。
なぜなら、東京では世界中のファッションに接することができ、若くてまだ頭が柔らかいうちに、そのような刺激を受けることは、とても大切な事だと思ったからです。

また、東京にある様々な学校の中でも、娘には江東服飾高等専修学校を薦めました。

この学校では徹底的にパターンの基礎を学んだうえで、自らデザインしたオリジナルの服を作ります。これを可能にしているのが、少人数制のクラスできめ細かな指導であり、その点に最大の魅力を感じました。
現在、目的に向かって楽しみながら頑張ってファッションの勉強をしている娘の姿を見て、私達の選択は間違っていなかったと確信しています。

保存